温泉&風呂活ブログ よね♨️

関東在住 30代看護師 0歳児子育て中👶 2023年温泉ソムリエ取得♨️星野リゾート界制覇目指してます!界宿泊記や子連れ旅を中心に温泉旅行記を発信中。

【星野リゾート | OMO5五反田】赤ちゃん連れ3世代で快適ステイ①〜館内紹介編〜

はじめに

こんにちは。

2024年5月の平日に宿泊したOMO5東京五反田by星野リゾートについてレポートしていきます。

今回は母、0歳8ヶ月の娘、私での3世代旅行でした。

エントランス

この記事ではOMO5五反田の館内やお部屋を紹介します。

赤ちゃん連れでの視点で紹介していますので、宿泊を検討中の方はぜひご覧ください。

 

キングルームに宿泊

大人2名定員のキングルームに宿泊しました。

6歳までの子供は添い寝無料なので、料金は大人2名分の料金(朝食付き、45日前割引で2万ちょっと)で宿泊できました。

キングルーム

ベットは広々していて、3人で川の字に寝たのですが十分な広さでした。0歳娘の転落防止のため、テレビ側に足がくるような向きで、娘を間に挟むようにして3人で寝たところ、安心して一夜を明かすことができました。

お部屋からの夜景

曇っていたのですが、周りに高い建物が少ないため見晴らしの良い景色でした。

五反田は羽田空港や品川から近いこともあり、飛行機や新幹線がよく見え、昼間も見飽きることのない景色でした。乗り物好きなお子さんにはもってこいだと思います。

 

洗面台はベッド前スペースにありました。

↓写真手前に見えている、印象的なOMO5五反田ライトは映えるので、写真を撮って楽しめます!

洗面台周り

ライトの下には折りたためるテーブルがかけられており、移動可能でした。

背もたれなしの椅子がひとつしかないので、背もたれが欲しいという方はベッドサイドにもたれるしかなく、腰が痛い方にはちょっと不向きかもしれません。


f:id:marikonbu:20240601211054j:image

f:id:marikonbu:20240601211057j:image

開業して1ヶ月ほどということもあり、水回りはピカピカでした。

お風呂は足を伸ばして広々入れる広さで、風呂好きとしてはとても嬉しかったです。

シャンプー、リンス、ボディソープはOMOブランドのものでした。洗顔は洗面台に置いてあったハンド&フェイスソープを使用しました。クレンジングは置いてないので持参する必要があります。


f:id:marikonbu:20240601210801j:image

f:id:marikonbu:20240601210804j:image

スーツケースを置けるスペースは玄関前だけでなく、ベット下にもありました。

コンパクトなお部屋ながら、物を置くスペースや収納スペースは十分にあったので、使い勝手がよかったです。

 

コーヒーのサービスはないので、持参して飲みました。

OMO5五反田マグ

お部屋にあったOMO5五反田マグは東京のビル街と星が描かれており、可愛くてテンションが上がります。軽くて使いやすかったです。ショップでも販売していました。(税込1980円)

赤ちゃん連れに嬉しいポイント

授乳室

フロントのある14階には授乳室があったり、おむつ交換台がついた広いトイレもあったりと、子連れに嬉しい機能が充実していました。

OMOカフェには乳幼児とそのママたちがたくさんいたのも印象的でした。


f:id:marikonbu:20240601204840j:image

f:id:marikonbu:20240601204837j:image

 

おむつ用ゴミ箱

公式サイトにはおむつ用ゴミ箱を当日空きがあればレンタルできると記載があったので、フロントで聞いてみました。

すると、”おむつ用のゴミ箱はないですが、おむつ用に使えるゴミ箱の用意をすることはできます”とのことで、お部屋に持ってきてくださいました。蓋ができるゴミ箱は、匂いが気にならずありがたかったです。

おむつ用ゴミ箱

必要な場合はチェックイン時にフロントで聞いてみると用意してもらえると思います。

館内着の無料レンタル

Lサイズ(ワンサイズ)の館内着が無料でレンタルできます。他のOMOでは有料だと聞いていたので嬉しいポイントでした。

有料ならTシャツ持っていこうかな?となるところを、荷物を減らせたので荷物が多くなりがちな子連れ的にも嬉しかったです。


f:id:marikonbu:20240602143037j:image

f:id:marikonbu:20240602143040j:image

フロント横にあるアメニティグッズ置き場から、必要枚数分持っていくスタイルでした。こちらに歯ブラシやブラシ、綿棒、緑茶が置いてありました。

ただしスキンケア用品(クレンジング、化粧水、乳液)はありません。ショップにはお泊まり用サイズの基礎化粧品が売られていたので、フロントで購入することもできます。

館内レポート

エントランスからからエレベーターでフロントのある14階へ上がると、木目調の天井とシックな雰囲気の空間が広がっていて、おーっ!!と思わず声が出てしまいました。

フロント付近

上品で高級感もありつつ、堅すぎず、居心地の良さを感じました。色使いやデザインが可愛くてどこもかしこも映えるので、たくさん写真を撮りたくなります。

フロント前

OMOカフェ&バル

OMOカフェ&バル

フロントのある14階には、宿泊者以外も利用できるOMOカフェ&バルがあります。

カフェメニューや夜限定で販売されていたバルメニューについては、こちらの記事にて詳しく紹介していますのでぜひご覧ください↓

 

onsenyone.com

テラス


f:id:marikonbu:20240601210302j:image

f:id:marikonbu:20240601210259j:image

開放感のあるテラスでOMOカフェのフードやドリンクをいただくこともできます。持ち込みはNGです。

夜のテラス

夜はライトアップされ、一気に大人な雰囲気に。夜限定で音楽が流れていたり、無料のドリンクが飲めたりするので、夜風に当たりながら過ごすのも一興です。

無料のジム

宿泊者が24時間いつでも無料で利用できるジムもありました。靴やウェアは持参する必要があります。

宿泊者限定ジム

ウォーターサーバー&電子レンジ&洗濯機

15階にはウォーターサーバーや電子レンジ、ドラム式の洗濯機がありました。

ウォーターサーバーは14階にもあり、お部屋に備え付けの容器に入れて、無料でお水を飲むことができます。

お水を汲みに行くのはちょっと手間ではあるものの、エコですし、無料でいくらでも飲むことができるのでありがたいです。


f:id:marikonbu:20240601205228j:image

f:id:marikonbu:20240601205225j:image

電子レンジがあるのは離乳食を温めるのにも使えるので子連れ的には嬉しいポイントです。

洗濯機や乾燥機は有料でした。今回は利用しませんでしたが、子供の洋服が汚れてしまっても洗える選択肢があるのは安心でした。

ショップ

五反田の老舗おかきや、OMO5五反田マグにクッション、化粧水などのお泊まりセットやパックが販売されていました。

フロント前のショップ

おわりに

OMO5五反田では赤ちゃん連れでの宿泊でしたが、とても快適なホテルステイが叶えられました!また星野リゾートならではの地域の特色を活かした館内デザインやアクティビティ、グルメを楽しめるワクワクが止まらない滞在となりました。

f:id:marikonbu:20240601205159j:image

1人でも2人でも、子連れでも大勢でも楽しめるOMO5五反田。ワクワクする都心のホテル滞在を楽しみたいという方にぜひおすすめしたいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。