温泉&子育てブログ よね♨️

関東在住 30代看護師 0歳児子育て中👶 2023年温泉ソムリエ取得♨️旅館・ホテルステイ記事や子育て関連記事を書いています。

【星野リゾート | 界伊東③】赤ちゃん連れ旅行!子連れに嬉しい7つのポイント&お食事レポート

はじめに

こんにちは。

2024年6月に宿泊した、星野リゾート 界伊東レポート第三弾です。

お食事・赤ちゃん連れに嬉しいポイントについてお伝えしていきます。

界伊東①では源泉掛け流しの温泉についてレポートしています。

onsenyone.com

界伊東②ではお部屋・アクティビティの紹介をしています。過去記事もあわせてご覧いただけると嬉しいです!

onsenyone.com

 

お食事

お食事は夕食・朝食ともにお食事処にていただきました。ドアはないものの、区切られた半個室の空間でいただきました。

周囲に赤ちゃん・子連れのご家族が数組おり、子連れの家族同士が近くに集められているのかなと感じました。

お食事処からお庭が見える席もあるのですが、そういった事情もあったのか、私たちは夕食・朝食ともに外の景色は望めない席でした。

夕食

夕食の献立

お花の形をした器に盛られた先付けは、ニューサマーオレンジジュレの上に乗った金目鯛のお刺身でした。写真を撮る前に早まって食べてしまいましたが、実際には2つお刺身が乗っていました。

先付け「金目鯛のスモーク明日葉巻き」

蓋を開けた瞬間から、ふんわりと出汁のよい香りがしました。お椀の中にはが。出汁につかった鰻を食べるのは新鮮で、とっても美味しかったです。

煮物椀「鰻と山芋の博多」

 

界のご当地「宝楽盛り」はやっぱり映えますね。界ごとの特色があるので、いつも楽しみにしています。今回はお花が生けられていました。

金目鯛のお刺身にはお塩をつけていただきました。ぷりっと身が厚くてとても美味しかったです。

宝楽盛り


揚げ物のお皿には、椿の絵柄が描かれていました。こちらのお皿はなんと1枚2万円ほどするとスタッフさんがこっそり教えてくれました。鱧の揚げ物には梅がちょこんと乗っていて、お花のような見た目が可愛かったです。


f:id:marikonbu:20240620180024j:image

f:id:marikonbu:20240620180022j:image

とうきび餅とフォアグラの蓋物はコーンの甘さがほんのり感じられて美味しかったです。

焼き物にも金目鯛が登場し、どれがメインなのかというくらい贅沢なお料理が続きます。伊豆名産のぐり茶をスタッフさんが回しかけてくださり、蒸して完成です。

焼き物「ぐり茶蒸し」

蒸したお肉、金目鯛、お野菜は、ニューサマーオレンジポン酢につけていただきました。オレンジ香るポン酢が美味しくて、お土産にも購入するくらい気に入りました。

 

界お馴染みの土鍋ご飯はいつも楽しみにしているのですが、今回は桜海老の土鍋ご飯でした。美味しくて、2人でペロリと米粒一つ残らず食べてしまいました。


f:id:marikonbu:20240617154034j:image

f:id:marikonbu:20240617154037j:image

芸術的な土鍋は、作家さんが界伊東をイメージして、ひとつひとつ手作りで作っているそうです。私たちのテーブルに運ばれてきた土鍋は、紫陽花の柄でした。季節にぴったりの素敵な土鍋で、蓋の裏側まで彩豊かでした。

甘味「淡雪チーズ椿見立て」

デザートは椿のお花をイメージしたレアチーズのムースが出てきて可愛かったです。柑橘系のさっぱりしたジュレクリーミーなレアチーズがマッチして、満腹でもペロリでした。

朝食

朝食の献立

朝食

なめろうをご飯にのっけて、温かい出汁をかけていただきました。お味噌汁「なまり節のおつけ」はアオサやお魚のあらがたっぷりと入った漁師汁のような感じで、お魚の出汁が効いてとっても美味しかったです。

なまり節のおつけ

「おつけ」というのは、お味噌汁のことを「おみおつけ」と呼ぶことから来ているそうです。スタッフさんが説明してくださいました。

子供用椅子も完備

夕食・朝食ともに子供用の椅子をお食事処に用意してくれていました。

子供用の椅子

食器なども用意してくれていましたが、娘はお部屋で離乳食を食べたので使用しませんでした。

お食事処へのベビーカーの持ち込みOKだったので、ベビーカーを使用しました。

 

子連れに嬉しい7つのポイント

赤ちゃん連れが多い

滞在中、赤ちゃん連れのファミリー数組とすれ違いました。お食事処で子がぐずってしまっても、他にも泣いている赤ちゃんがいたので、そこまで気疲れせずにすみました。

赤ちゃん備品のレンタル

レンタル備品

公式サイトから予約した場合、3歳以下の子供が同伴する場合にはベビー用備品(哺乳瓶消毒器・ベビーソープ・タオル・おむつゴミ箱)を申し込まなくても用意してくれます。


f:id:marikonbu:20240617183440j:image

f:id:marikonbu:20240617183438j:image
大浴場

大浴場にはベビーバス、ベビーチェアが置いてありました。おむつ替え台、オムツゴミ箱もありました。今回私たちはお部屋のお風呂を使用しましたが、オムツが取れていない子供を大浴場に連れて行くこともできそうでした。

スタッフさんが優しい

ロビーでスタッフさんとすれ違うと、娘に手を振ってくれるなど、赤ちゃんフレンドリーな雰囲気があり、居心地がとてもよかったです。

夕食の際には、ぐずる娘をあやしていたところ、スタッフさんの咄嗟の対応で、スイングできるベビーチェアを用意してくれました。

スイングチェア

また夕食の配膳を担当してくださったスタッフさんが娘にもたくさん話しかけてくれました。

赤ちゃん連れでのコース料理は少し心配な面もありましたが、和やかな雰囲気で楽しくお食事できました。

夕食を担当してくださったスタッフさんと

一緒に写真を撮っていただき、ブログでのお顔出しについても快諾してくださいました。ユーモア溢れる会話が楽しくて色々質問してしまいましたが、とても丁寧に対応していただきました。

おいそがしい中、ありがとうございました。忘れられない楽しい思い出になりました。

無料でご飯とお味噌汁のサービス

子供の食事はなしで予約していましたが、チェックイン時にスタッフさんから、ご飯とお味噌汁を用意してもらえるとのお話がありました。

お粥ではなく、普通の白米とのことでした。娘はまだお粥しか食べられないため、持参した離乳食を食べさせました。

3歳以下は宿泊料無料にも関わらず、ご飯とお味噌汁をサービスしてくれるのは、さすが星野リゾートだなと思いました。

記念日利用で写真のサービス

今回は私の誕生日記念旅行ということで界伊東に宿泊しました。

界ではチェックイン時に誕生日の記念で旅行していることを記入する欄があり、そちらにチェックを入れておくと台紙付き写真のサービスをしてくれます。

記念写真と旅の思い出帳、お湯印帳

子供と一緒なら、家族の誕生日のタイミングで宿泊すれば、成長とともに思い出に残せるのでおすすめです。前回までは2人で撮ってもらっていましたが、今回は子供が増えて初めて3人で撮ってもらうことができ、とても感動しました。

旅の思い出帳・お湯印帳については過去記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

onsenyone.com

スロープがある

ぱっと見ではよくわからないですが、門の右側にスロープの入口があります。

正面入り口

車椅子やベビーカーを使用しているお客さんへの配慮があってありがたいです。屋根もあり、雨でも快適そうです。

スロープ

スロープを抜けると数段の階段があるのですが、そちらにはスロープがないので、行きは出迎えてくださったスタッフさんと一緒にベビーカーを持ち上げました。

正面玄関

12時のチェックアウト時はやや混雑していてスタッフさんも手薄だったので、自分たちでベビーカーを持ち上げて下ろす必要がありました。

可愛い吊るし飾り

館内には子供の成長を願って桃の節句に飾られる、吊るし飾りがありました。

館内を彩る吊るし飾り

伊豆の伝統工芸品ということで、有料の吊るし飾りを作る体験が行われていたり、ショップでの販売がされていたりしました。

ショップで販売されていた吊るし飾り

 

3世代で泊まれるお部屋がある

界伊東には3世代で泊まることを意識したお部屋があります。吊るし飾りや可愛いクッション、子供のプレイルームがあるお部屋がある他、寝室が2部屋あり、お互いのプライバシーも保ちながら泊まれるのがとても良いなと思います。

界伊東公式HPより引用

老若男女みんな楽しめる界伊東ならではのプランだなと思います。 私たちもいつか祖父母とみんなで泊まれたらいいな、と思っています。

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。伊豆を堪能できるお食事を楽しむことができ、子連れに嬉しいポイントが満載の界伊東は赤ちゃんと一緒に楽しむことのできるお宿でした。

星野リゾートに関心がある方、子連れ旅がしたい方にはぜひおすすめです!

第一弾から第三弾まで、界伊東シリーズをお伝えしてきましたが、これにて終了になります。お付き合いいただきありがとうございました。